愛人クラブで感じる匂いの効果


「匂い」と「臭い」

「匂い」と「臭い」あなたは違いがわかりますか?
一般的に「匂い」はよいにおいを、「臭い」はわるいにおいを意味します。ただ人によっては、いい匂いも、わるい臭いに感じてしまうことがあるので注意が必要です。
例えば、トンコツラーメンの匂い。好きな人にとっては、食欲をかきたてられるとてもいい匂いですが、残念ながら苦手という人もいます。高級食材のトリュフや松茸もそうですね。
残念ながら、全ての人がいい匂いと感じるものはないのが実情のようです。

「臭い」に注意

「臭い」といって思い浮かぶものに、口臭や体臭がありますね。このふたつは本人がなかなか気づかないという点でも、やっかいな臭いです。
常に自分の周りにある臭いですから、本人は嗅覚も麻痺してしまって感じていないのでしょうが、第一印象で嫌われてしまうこともあるので注意が必要です。
近くで話していて顔をそむけられた。鼻の下に手をあてるなど臭いを遮断される行為をされた。など気になる行動があったときには、歯科や皮膚科で相談してみるのもいいかもしれません。今は気にならない人も、無臭の人はいません。食後の歯磨きや、朝晩のシャワーなどで予防に努めましょう。
他にも靴を脱いだときの足の臭いなど、いつもではなくても一回でも臭うとイメージダウンにつながる臭いもあります。同じ靴を履き続けない。履いたあとは乾燥させる。といった靴のケアから、抗菌や臭い防止の機能性ストッキングや、臭い防止クリームなど、最近は臭いケアグッズもたくさん売っています。たましはドラッグストアなどで新しいをアイテムを探し、試してみるのもいいかもしれませんね。慣れてしまうと気づかない臭いに注意しましょう。

「匂い」にも注意

最初に述べたように、全てのひとがいい匂いと感じるものはありません。自分がいい匂いだと思っていても、他の人によってはわるい臭いに感じてしまうこともあるのです。
女性で多いのが香水のつけすぎです。先ほどの口臭や体臭と同じく、常に自分の周りにある匂いなので、自分ではつけすぎとは感じずに周りを不快にさせてしまうことが多いようです。パルファムやオードトワレなど種類によってつけ方を変えるなど、匂いが臭いに変わってしまわないよう気をつけましょう。また乗り物に乗るときや、食事に行くときは控えるなどの配慮が必要です。周りの人があなたの匂いに酔ってしまったり、お料理が全て香水臭くなってしまうようなことがあっては、一緒にいる人が恥ずかしい思いをします。マナーを守って楽しむことが大切ですね。
また最近は柔軟剤の匂いもたくさん増えました。こちらも海外のものなど、なかには匂いがきつすぎるものもあるようです。シャンプーやボディシャンプーも同様ですね。
柔軟剤、シャンプー、香水など香りが強くなった分、重ねづけには注意が必要です。どれも日常の匂いであるだけに自分では気づかないことも多いので、匂いが臭いにならないよう匂いの引き算も考えた選び方を心がけましょう。

上手に「匂い」を活用

とはいえ、上手に使うと効果が高いのも匂い。匂いが記憶を呼び覚ました経験は誰もが持っているのではないでしょうか?あなたと同じ匂いを街角でふっと感じたとき、あなたを思い出すキーワードになってくれるような、そんな使い方ができるといいですね。近くにいるだけでプンプン匂うよりも、香るか香らないかくらいのかすかな匂いが、動きによって少し強く感じるくらいが他の人の迷惑にならない匂いのレベルです。物足りないと思う人もいるかもしれませんが、シーンによって使い分けるのも大人の楽しみ方。上手な活用方を心がけてくださいね。

愛人クラブで限りある人生をもっと楽しむ

愛人クラブ.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です