パパ活するなら「ありがとう」美人になろう


一日何回「ありがとう」?

あなたは一日に何回くらい「ありがとう」という言葉を口にしていますか?「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられるのは嬉しいですよね。
ではお店で買い物をしたときや、レストランで食事をしたときなどのマニュアルにそった「ありがとう」以外に、一日に何回くらい「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられていますか?そしてあなたは、一日に何回くらい「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていますか?今日一日のことを思い出して考えてみてください。

言葉にして伝えよう

思い出してみましたか?以外と「ありがとう」の回数は少なかったのではないでしょうか?
感謝していたり、嬉しい気持ちはあっても、「どうも」とか「すみません」といった言葉ですませてしまってはいませんか?笑顔と会釈ですませてしまうこともあるかもしれませんね。
日本語を勉強している外国人が悩むことのひとつに、「すみません」の使われ方があるようです。「ありがとう」は感謝の言葉で、「すみません」は謝罪の言葉であるはずなのに、しばしば「ありがとう」と伝えるべき場面で、「すみません」と口にする方がいるというのです。あなたはどうですか?
例えばみんなが通る場所で、次の方のためにドアをおさえて待っていてくれた人には、どちらの言葉を伝えていますか?何も言わずに素通りしてしまってはいないと思いますが、会釈だけだったり、口の中でゴニョゴニョと相手に聞こえないお礼を言って通りすぎてはいませんか。笑顔で「ありがとう」と伝えられているでしょうか?

「ありがとう」美人を目指そう

先ほどの例のように、「ありがとう」を伝えるべき場面でもなかなか伝えられていない人が多いのが実情です。もしもあなたが「ありがとう」を上手に伝えられるようになれば、男性だけでなく、女性からも好かれるようになるはずです。「ありがとう」美人を目指して頑張ってみましょう。
まず謝罪以外の場面では「すみません」を「ありがとう」に変えてみましょう。
次にお友達同士や、家族の間でもなるべく多くの「ありがとう」を伝えるようにしましょう。今まで普通だと思っていたことなども意識して「ありがとう」を伝えるチャンスを探しましょう。最初は照れくさかったり、相手から、どうしたの?と聞かれたりするかもしれません。でも「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。口ぐせになるくらい伝えてみてください。
お友達や、家族の間で上手に使えるようになってきたら、会社などでもどんどん使ってみてください。「ありがとう」を伝えるポイントがつかめてきているはずです。
笑顔と「ありがとう」の言葉をセットで上手に使えるようになれば、あなたの印象は大きく変わってきます。お店やレストランでも、サービスを受けたときに自然と「ありがとう」を伝えられるようになれば、お店やレストランからも素敵なお客様として扱われるようになるでしょう。自分をよく知っている人だけでなく、初めて会う人にも素敵な女性と思ってもらえるのが、「ありがとう」美人なのです。

「ありがとう」美人応用編

「ありがとう」を上手に伝えられるようになったら、次は「ありがとう」を上手に受け取りましょう。感謝されることが目的でしたことではなかったとしても、相手があなたのしたことに感謝してくれたら、それを「ありがとう」という言葉で伝えてくれたら嬉しいですよね。毎回じゃなくても、「喜んでくれて嬉しい」「私もいつも感謝してるからお返しができて良かった」といった風にお返しをしてみてください。相手はより嬉しい気持ちになるはずです。このように伝えるだけでなく、受け取ることも上手になれるよう頑張ってみてくださいね。

参考: 神パパ.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です